目のクマが治ったら目の病気が気になりませんか?

見えにくいのは老眼のせいではないかも?
中高年から気をつけたい目の病気
気になりませんか?
こんな目のおとろえ

 

一口に目の病気と言っても自覚症状は様々です。
毎日の生活にこんな不便や不都合はありませんか?

 

目の病気

 

1. 近くが見えにくくなった
2. 視野が暗い、狭い、欠ける
3. 見える対象がぼやける、かすむ
4. ものや文字がゆがんで見える
5. 日差しや明るい場所ではまぶしい
6. 蛍光灯のまわりがぼやける
7. 道路標識が読めない

 

思い当たるのが だけならおそらく老眼。
に加えて があれば緑内障の可能性が。
に加えて があれば白内障のおそれが、
3,4,7 があれば加齢黄斑変性の心配があります。

 

その目の不調は、こんな病気の可能性も

老眼(老視)

レンズの役目をしている水晶体の弾力性(ピント調整力)が低下して、近くのものが見えにくくなります。
これは誰にでも起こりうる目の老化で、病気ではありません。
老眼になると・・・
近くのものにピントが合わず文字が読みにくくなる。

 

加齢黄斑変性

ものを見る時に重要な働きをする黄斑という部位が、加齢とともにダメージを受けて変化することが原因で、見たい部分が歪んだり、暗くなったり、ぼやけたりして見えます。
加齢黄斑変性になると・・・
見ようとするものが、ゆがんだり欠けて見える

 

緑内障

眼圧が高くなることによって視神経に障害が起こり、視野(見える範囲)が狭くなる病気です。
進行はゆっくりで、病気がかなり進行するまで自覚症状はほとんどありません。
緑内障になると
片目で見ると、視野の周辺や一部が欠けて見える

 

白内障

水晶体が白く濁ることで起こります。
水晶体が白く濁ると光がうまく眼底に届かず、そのため視力が低下します。
視野全体がかすんだり、ぼやけて見えたりします。
白内障になると・・・
視野全体がかすんだりぼやけて見える

 

体験談
こんな症状に思い当たったら、加齢黄斑変性かもしれません
本や新聞を読んでいる時
新聞や本を見ていると、文字がどうも何となくみづらくなり、新聞雑誌などに時々掲載される「碁盤の目」もところどころ曲がって見えるので、これは明らかに目の病気だと思いました。(70代 東京都)

 

いつもと同じ様に新聞を読んでいて、スポーツ欄のスコアなどの数字が見えなくて、焦点を合わせるとその数字が消えて見えなかった。
片方ずつの目で確認したら右目では見えて左目では数字に焦点を合わせると見えないことに気付き、不安を感じた。(60代 千葉県)

 

テレビやパソコンを見ている時
テレビを見ている時に四角い物が変形して見えた。
目に手を当てて、右目と左目を交互に見てみた。
左目だけが違和感を感じた。(70代 東京都)

 

テレビを見ていたら画面がボヤケて見えてきたので片方ずつ目をつむってみたら左は正常、右目の方がテレビ画面右下の方が少し黒幕がかかったように見えた。(80代 埼玉県)

 

外の景色や部屋の中を見た時
車で営業している時、何となく景色(特にセンターラインや電柱)がゆがんで見えるような気がした。
また何となく士会全体がかすんでいる感じがした。(70代 京都)

 

壁に貼られた紙の漢字を右目だけで見たとき、視野の真ん中で波打っていることに気づきました。
左目だけでは普通に見えたので、これは右目に異常があると思いました。(70代 東京都)

 

何気なく外を眺めていた時に電柱や柱などがゆがんで見えた。
その時にはあまり気にならなかったのですが度々同じように見えるので少しずつ気になりだした。(70代 神奈川県)

 

加齢黄斑変性とは?

 

加齢黄斑変性は見たいものが見えなくなる病気です
加齢黄斑変性には「萎縮型」と「滲出型(しんしゅつがた)」があります。
「萎縮型」は黄斑の組織が加齢とともに萎縮することで起こりますが、進行はゆっくりで、急激な視力の低下はありません。

 

一方、「滲出型」では網膜の下にある脈絡膜から網膜に向かって、新生血管という正常とは違う血管が生えてきます。

 

目の病気

 

この血管はもろく破れやすいため、出血したり、血液中の水分(滲出液)がもれたりしやすく、それが黄斑部の網膜の下にたまります。
そのため、視野の中心部にある「見たいもの」が見えなくなってしまうのです。

加齢黄斑変性の主な症状

ゆがんで見える
変視症
中心部にあるものが、ゆがんで見えます。
周辺の正しく物は見えます。

 

中心部が見えにくい
中心暗点
中心に見えない部分があります。

 

ぼやけて見える
視力低下
視力が低下します。
特に、中心部がぼやけて、読むことが難しくなります。

 

50歳以上の約80人に1人が加齢黄斑変性
日本では50歳以上の約1.3%(80人に1人)にみられ、年を重ねるごとに多くなります。
また、患者数も年々増える傾向にあります。
諸外国に比べ、日本では特に男性に多いことが特徴です。
これは高齢者における、男性の喫煙率が高いことが影響していると考えられています。

 

加齢黄斑変性を予防するために
禁煙
喫煙は加齢黄斑変性を発症するリスクを高めることが知られています。
喫煙している方は、禁煙に挑戦してみましょう。

 

太陽光を避ける
太陽光の中の青色光は、黄斑の老化に関係するといわれています。
日差しの強い日に、長時間にわたり屋外で過ごす時には、サングラスや防止、日傘などで太陽光から目を守るようにしましょう。

 

バランスの良い食事
ビタミンC/E、ルティン、亜鉛、そしてw−3多価不飽和脂肪酸などの抗酸化成分の欠乏は加齢黄斑変性のリスク要因であることが知られています。
肉中心の食事ではなく、これらの成分が多く含まれる緑黄色野菜や魚介類をとり、バランスのよい食事を心がけましょう。

 

50歳を過ぎたら定期的に眼科検診を受ける
加齢黄斑変性は加齢によって誰でも発症する可能性のある病気です。
50歳を過ぎたら定期的に眼科を受診し、早期発見・早期治療を心がけましょう。

 

老眼だと思って放っておくと危険です!
加齢黄斑変性は「早めの受診」がポイント
こんなきっかけで受診して加齢黄斑変性が見つかっています。

 

体験談
文字や数字がゆがんで見えることがたまにあり、これは変だと感じたこと。(60代 神奈川県)
年に1回眼科を受診しているのでその時に相談した。(70代 東京都)
右目で網目・格子状の形状を見ると中心部周辺が歪んで見えた。(80代 東京都)
白っぽい部分を左目だけで見ると、はっきり黒く丸く見える部分が出てきたから。(70代 北海道)
窓枠などまっすぐなものが歪んで見えるのが心配で眼科に行こうと思った。(60代 京都)
●そのうち治ると思って目薬をさしてもダメだったので。(80代 埼玉県)

 

>>ヒアロディープパッチ 痛い:TOPページ