スマホ老化、スマホ疲れ目の人が急増中!

スマホ疲れ目,スマホ老化

 

スマホを長時間使用することで、「スマホ老化」「スマホ疲れ目」の人が増えています。

 

現代社会では、スマホだけでなくパソコン、タブレットなどを近くで見る機会が増えています。

 

そのために、「スマホ疲れ目」による「スマホ老化」症状が表われ、

 

目の周りがくすんだり、険しい表情になったり、目の下にクマができたりする人が急増中です。

 

「スマホ疲れ目」により、見た目年齢が+5歳に見られるという調査結果も出ています。

 

スマホを見ているときに、あなたは無意識のうちに眉間にシワを寄せていませんか?

 

パソコンやスマホの画面から発せられるブルーライトの影響で眼精披露がより高くなり目のトラブルを抱える方が急増中です。

 

40代でもう老眼になったり、30代でも夕方になると「夕方老眼」になり老眼と同じような症状が出る人が増えています。

 

いずれも、スマホやパソコンなどで目を酷使しているからです。

 

目がしょぼしょぼ、じんじん、ぼやぼやしたり、肩こりや軽い頭痛を感じるようなら「スマホ老化」が始まっているかもしれません。

 

「スマホ老化」は目に影響が出るだけではありません。

 

目の周りのくすみ、目の下のクマだけでなく、どうしてもスマホやパソコンを操作する時には、うつむいてしまうので、

 

頬や顎の肉が重力により垂れ下がり、たるんできたりします。

 

また、画面を見ている時は表情が一定なので顔の血行が悪くなり、ほうれい線や首のシワの原因にもなったりします。

 

それだけではありません、女性は特に気をつけたいのですが、バストが垂れてくるのです。

 

猫背の姿勢を取ることで、バストを支える大胸筋の血流が悪くなり、ハリや弾力が無くなりバストの垂れを招くのです。

 

また、背筋が衰えることから脂肪がバストにつかずに脇や背中につきやすくなります。

 

まだまだ、「スマホ疲れ目」による体調への影響があります。

 

慢性的なうつ向き姿勢を取ることで首の緩やかなカーブが失われストレートネックになるのです。

 

スマホ疲れ目,スマホ老化

 

ストレートネックになると、頭の重みにより首の骨「頸椎(けいつい)」に負担がかかり頸椎の関節の隙間が縮まると、神経が圧迫され

  • 耳鳴りやめまい
  • 頭痛(緊張性頭痛)
  • 自律神経失調症
  • 首や肩のこり
  • 手・腕のしびれ
  • などの症状がでるようになります。

 

「スマホ疲れ目」「スマホ老化」予防

 

「スマホ老化」「スマホ疲れ目」にならないようにするためには、パソコンなら1時間、スマホなら30分以上、同じ姿勢を続けないことです。

 

ツボ押し

スマホ疲れ目,スマホ老化

眉頭の内側にある眉頭のくぼみ攅竹(さんちく)、鼻の付け根にある晴明(せいめい)、眉尻のくぼみにある糸竹空(しちくくう)のツボを押すことで目の疲れを癒すことができます。

 

目の周りは皮膚が薄いので優しく押すようにしてください。

 

押すときはゆっくり3つ数えながら、離すときもゆっくり3つ数えながら離します。

 

ツボを押す前に、アイクリームを塗ってから行なうのがおすすめです。

 

頭皮マッサージ

スマホ疲れ目,スマホ老化

目と頭皮は一体で、目の周りの血流が悪いと頭皮も固くなってきます。

 

逆に頭皮をマッサージして頭皮を柔らかくして血行をよくすれば、目の周りの血流の流れもよくなります。

 

頭皮を両手で包み込むようにして両手の指の腹を使って円を描くように頭皮を動かします。

 

さらに、あ門(あもん)、天柱(てんちゅう)というツボを押さえることで頭皮の緊張を緩めることができます。

 

ツボの押し方は、目のツボの押し方と同じで、ゆっくり3つを数えながら押したり離したりします。

 

ホットタオル

スマホ疲れ目,スマホ老化

朝、起きたらホットタオルを使って目元を暖めます。

 

時間は5分〜10分は行いたいです。

 

アイクリームを塗ってから行うと、アイパックにもなり一石二鳥です。

 

頭皮マッサージの後に行うのがおすすめです。

 

食事療法

 

ドライアイや目の網膜を健康に保つ効果があると言われている緑黄色野菜(ニンジン、紫蘇、パセリなど)を意識的に摂取するようにしましょう。

 

また、ブルーベリー、カシス、イチゴや黒豆などは疲れ目対策に有効です。

 

最近は、200種類以上の栄養素が含まれ、タミンCも豊富で、ビタミンA、ビタミンEもなど3種のビタミンを同一果実で摂ることができるシーベリーが注目されています。

 

おすすめアイクリーム

満足度98.5%【メモリッチ】
目もと用クリーム

 

目の下の年齢サインの原因を根本から対策!『アイキララ』
目の下