目袋を無くす方法を紹介する前に!

涙袋と目袋の違い:目袋を無くす方法

 

よく涙袋と目袋を勘違いしている人がいますが、目袋は涙袋の下に位置しています。

 

目袋を無くす方法を紹介する前に、まず涙袋と目袋の違いを説明させてください。

 

涙袋

涙袋は目元のすぐ下にあり、涙袋は涙を押し出すための筋肉で出来ているのでエクササイズで鍛えることで目元をふっくらさせることができます。

 

涙袋はあるとかわいく見えるので、無い人や笑わないと出てこない人はメイクで涙袋を作ったりするほどです。

 

今「涙袋メイク」が人気です。

 

涙袋があることでハリ感や立体感を生み出し、目元が大きく可愛く見え、顔だちもハッキリすることで、顔全体に若々しい良い印象を与えることができます。

 

10年前までは、涙袋がどうのこうのって言っていなかった気がしますが、美人やかわいいの基準は時代とともに変わるんですね。

 

目袋

目袋は涙袋のさらに下が膨らむ現象です。

 

目袋は、目の下のたるみから皮膚にシワがよったり、影ができる黒クマになったりします。

 

目袋は脂肪なのでエクサイズすることはできません。

 

元々涙袋がある人は、ふくらみが2重になるので気が付きやすいですが、涙袋が無い人は気が付くのに遅れることがあるので注意してください。

 

目袋を一言でいえば、おばさん顔に見えるということです。

 

はい、老化の証拠です。

 

ただ、注意していないと若い人でもできてしまいますよ!

 

老化現象とあなどるなかれ!

 

男性俳優で悪役や貫禄のある役を演じる人に目袋がある人を見かけることがありますが、女性には大敵です。

 

目袋を無くす方法

目袋をなくす方法

涙袋と違い目袋は、目元がたるんで見え目の下に影ができ黒く見えるので、すごくおばさんに見えてしまいます。

 

仕事や私生活の悩みが増えてくる20代〜30代を過ぎてくると「目のたるみ」が気になり始めます。

 

男性の悪役俳優や貫禄のある役を演じるのなら良いのですが、女性にとっては大敵です。

 

目袋が大きくなると黒クマへと発展していってしまいます。

 

こんな最悪のパターンを防ぐためにも原因をよく理解し対策をこうじることで目袋をなくし黒クマへの発展を食い止めましょう。

 

あなたが40歳であろうと50歳であろうと、遅くはありません。

 

目袋を解消して、5歳でも10歳でも若返りましょう。

 

目袋ができる原因

加齢

シワやほうれい線と同じように、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンの減少により皮膚痩せがおき、目の表皮の下にある真皮の部分に凹みができることで目袋が目立つようになります。

 

つまりは老化減少による目元のたるみが原因です。

眼輪筋の衰え

眼輪筋と呼ばれる目の下の筋肉が衰え、脂肪がたるみ膨らんで見えます。

 

老化による衰えもありますが、最近ではスマホやパソコンの使用頻度の増加により、瞬きをすることが減ることで目の筋肉が衰える人が増えています。

 

スマホやゲームをやり過ぎたらホットタオルなどで目を暖め疲れを取るようにすると良いです。

 

目袋はすべて脂肪でできていますが、今までは目元にハリがあったために脂肪を支えることができていたのです。

 

脂肪そのものは取り除くことはできませんが、リンパマッサージや眼輪筋のストレッチをすることで、皮膚のハリを取り戻せば無くすことはできます。

メイクの負担

涙袋は目元を大きく見せることができ顔全体に立体感ができハリツヤが目立ち、かわいく若々しく見せることができます。

 

そのため涙袋メイクをする人が増えているのですが、目元の皮膚の厚さは顔の皮膚の1/3以下の厚みしかありません。

 

そんな薄い皮膚にメイクをすることで必要以上の摩擦を与え加齢を加速させているのです。

 

さらにメイクをするときだけではなく、メイクを落す時にも必要以上に皮膚をこすり負担をかけてしまっているのです。

 

必要以上の刺激は皮膚の劣化を招きますがメラニン色素も増加させてしまいます。

 

メラニン色素が増加すると茶クマの原因にもなり、さらに老け顔になってしまいます。

 

この涙袋への刺激が目袋ができる原因にもなるのです。

笑いすぎ

愛嬌を感じる笑顔もやり過ぎると目袋の原因になります。

 

目元が良く動くことで皮膚がドンドン劣化していくのです。

 

表情筋は鍛えられますが目袋は脂肪なので笑いすぎると劣化が進むだけです。

 

他に目袋ができる原因としては

  • 寝不足
  • 疲労
  • 乾燥
  • 食生活  が原因としてあげられます。

 

食生活ではこんな食べ物が目袋の原因となる目の下のたるみに繋がります。

  • 砂糖
  • 揚げ物
  • 炭水化物
  • コーヒー(紅茶)
  • 辛い物
  • 炭酸飲料

 

年齢が増すごとに、自力での解消が難しくなってくるので、日ごろから十分な睡眠と保湿・食生活に注意するようにしましょう。

 

目袋の解消方法

目袋をなくす方法

エクササイズを2か月ぐらい毎日続けることで目袋は小さくなってくるはずです。

 

ただし、間違った方法で行ってしまうと敏感な皮膚に悪影響を与えることになるので注意してください。

 

眼輪筋エクササイズ

  1. 目を8の字を描くような感じで大きく回します。
  2.  

  3. 鼻の下を伸ばしながら下あごもできるだけ引き下げ上目使いをします。ます。

    ムンクの「叫び」のような感じですね。

     

    その後、下まぶたを引き下げるようにして目を細めた状態を5秒ほどキープしてから元にもどします。
    これを3回繰り返します。

  4.  

  5. 頬骨の上のあたりを人差し指で押さえながらウインクを繰り返します。

    このときに頬は一緒に動かないように意識しながら左右交互にリズミカルにウインクします。
    これを疲れるまで繰り返します。

  6.  

  7. 人差し指と中指でVの形のピースサインをつくり目頭と、目尻に指を当てます。

    その状態で黒目を上にあげ白目をむくようにして10秒ほどキープします。

ツボマッサージ

目袋をなくす方法

人差し指を目頭に当て、目の下をなぞりながら目尻の斜め下にあるくぼみの“救後(きゅうご)”というツボを通って軽く押す感じで指でマッサージします。

これを左右、5回ほど繰り返します。

表情筋トレーニング

  • 両手を使います。
  • 片方の指で眉を上に引き上げ、もう一方の指で下まぶたを押し上げながら目を閉じます。
  • 次に押し上げた下まぶたを下ろします。
  • 上げたり下ろしたりを繰り返しまぶたをピクピクさせます。
  • これを10秒間ずつ繰り返します。

    皮膚痩せを解消する

    皮膚内部のヒアルロン酸が減少することで皮膚痩せが起こるので、ヒアルロン酸を摂り入れることが必要ですが、

     

    外からヒアルロン酸を与えたり、ヒアルロン酸を含む食品やサプリを摂取してもほとんど効果がありません。

     

    美顔器ケア

    目元のマッサージは力を入れすぎたりすると逆にたるみがひどくなることがあります。

     

    手で刺激するのではなくレーザーで線維芽細胞を刺激してヒアルロン酸を作りだす方法もあります。

     

    美容クリニックではレーザー治療が盛んですが、個人が気軽に取り扱いができる家庭用レーザー美顔器が開発されました。

     

    クリニックと比べるとレーザーの力は弱いのですが、実はこの方が目元ケアにとってはちょうどいいんです。

     

    「トリア・スキンエイジングアイケアレーザー」は目元専用の美顔器です。

     

    独自技術で目で見ても安全な光に変換しているので安全!

     

    国際的なレーザー基準(クラス1)にも準拠。
    日本の厚生労働省に当たる米国のFDA認可を受けた「医療機器」

     

    目袋をなくす方法「トリア・スキンエイジングアイケアレーザー」の詳細はこちら

    ヒアルロン酸注射

    病院でヒアルロン酸注射をしてもらうことで目元のハリを取り戻し目袋が解消できます。

     

    効果は高くメスを入れないので体への負担も軽く済みますが費用がかかります。

     

    相場としては20,000円前後が必要になります。

     

    ただ、効果の持続期間には限りがあり、短いものだと数ヶ月、長いものでも数年間ですので、定期的に注射を繰り返す必要があります。

    アイクリームを塗る

    即効性ではヒアルロン酸注射には負けますが、費用は少なくすみます。

     

    毎日コツコツと塗り続けることで、1〜2か月後には目元のハリを取り戻すことができます。

     

    また、目袋を解消するだけでなく今後の予防としても効果を発揮します。

     

    お薦めのアイクリームは「アイキララ」です。

    アイキララ

    ヒアルロン酸注入

    目袋の脂肪そのものを取り除くことはできませんが、ヒアルロン酸注入で皮膚のハリを取り戻すことで目袋を目立たなくすることができます。

     

    美容クリニックのヒアルロン酸注射ではありません。

     

    目元シートを使って、自分でヒアルロン酸注入することができるんです。

     

    針は超微細で、ヒアルロン酸を目元に刺しても全く痛くありません。

     

    即効性はとても高いです。

     

    おすすめの目元シートは「ヒアロディープパッチ」です。

     

    コストも美容クリニックの1/20以下で1回当たり約1,00円で済みます。

     

    「ヒアロディープパッチ」は完全返金保証がついているのでリスクはありません。

    ヒアロディープパッチ

     

    >>ヒアロディープパッチ 痛い:TOPページ