目の下のクマ取りの整形手術の値段はいくら?

目の下のクマを解消するには、整形手術が一番手っ取り早いです。

 

目のクマができる症状には2つあります。

 

目の下のクマが凹んでいる場合と、膨らんでいる場合です。

 

それぞれの症状に合わせた整形手術の費用、内容を順番に紹介します。

 

目の下のクマが凹んでいる場合

目の下のクマに悩んでいる方の多くは、この症状です。

 

この場合に、整形手術の方法は2通りあります。

 

ヒアルロン酸注入、もしくは脂肪注入です。

 

それぞれ詳しく見ていきます。

 

ヒアルロン酸注入

この方法が一番、副作用や拒絶反応を起こすことがないのでおすすめです。

 

ヒアルロン酸は、もともと体内にある成分で保水力が抜群です。

 

費用も安く済み人気がある治療方法なのですが、注入されたヒアルロン酸は時間の経過とともに体内に吸収されてしまうので、

 

1回の注入でOKではなく4〜8ヶ月に一度、ヒアルロン酸注入を繰り返す必要があります。

 

費用は5万円〜10万円が相場です。

 

ダウンタイム

ダウンタイムはほとんどありませんが、内出血や腫れがたまに出ることもあります。

 

しかし、症状は1週間もすれば収まります。

 

自分でヒアルロン酸を注入する方法が開発されました。

ヒアルロン酸のマイクロの針が目周りの乾燥による小じわ深部(角質層)に届いて潤いを集中補充します。

 

東証一部上場企業の商品なので安心です!

 

費用は約1ヶ月分で3,980円(税別)です!

 

美容整形に相談する前に、まずはこちらで試して様子を見てからでも遅くはありません。

 

返金保証もついています。

 

ヒアロディープパッチ

 

脂肪注入

脂肪注入はその点、ヒアルロン酸注入よりも長い期間効果が期待できますが、

 

キメが粗いので脂肪注入をしたところが凸凹してしまう可能性があります。

 

その点、ヒアルロン酸はキメが細かいので綺麗に仕上がります。

 

目の下のクマが膨らんでいる場合

目の下のクマが膨らんでいる場合は脂肪を除去します。

 

下瞼の裏側を切開して脂肪を取り出します。

 

イメージとしては「アッカンベー」をした状態で目の粘膜を切開し、そこから余分な脂肪を取り出します。

 

費用は40万円〜60万円が相場です。

 

ダウンタイム

ダウンタイムの期間は長く、見た目に問題が無くなるまでには3週間から1ヶ月が必要です。

 

両目同時ではなく、片方ずつ施術を行うこともできます。

 

>>ヒアロディープパッチ 痛い:TOPページ